〜知財支援サービス〜

「知財プロデューサー」

貴社の「宝」を守ります!

知財プロデュサー 工藤一郎 「工藤一郎国際特許事務所 弁理士」

知財プロデュサー
工藤一郎 弁理士
「工藤一郎国際特許事務所 所長」

〜知的財産の保護支援〜

知的財産権の評価に独自のシステムを開発し、大企業の知財評価に多大な実績がある国際特許事務所が、事業の根幹技術の権利化、金融機関や投資家との仲介、海外での知財権の確保、知的財産契約、出願戦略から係争裁判、ライセンス交渉迄、提携海外事務所の専門家ネットワークで対応致します。

工藤一郎国際特許事務所

  1. 他社に貴社製品のまねをさせない。
    特許、実用新案、意匠、商標、不正競争防止法、著作権法、その他各種の法律技術と法的ノウハウの実践により他社の追随を許しません。
  2. 金融機関、投資家、提携先など貴社の成長に欠かせないパートナーに対して技術競争力その他の観点から貴社の将来成長性を説明し、円滑な資金調達、円滑な提携先との協業を支援します。
  3. 貴社の提携先、顧客等との間で行われるビジネスを知的財産の観点から法的に安全なものとするために各種契約書の作成を支援します。
  4. 事業遂行に当たって知的財産、技術開発、ビジネスモデルなど各種のご相談をお受けいたします。

※知的財産権の評価にに取り入れている「YKS手法」とは、工藤一郎国際特許事務所が独自に開発した、特許の価値を測定する手法です。【リンク】


【工藤一郎弁理士の経歴】

  • 1978年 大阪私立明星高等学校卒業
  • 1984年 大阪大学工学部卒業
  • 1984年 NEC関西に入社し、開発研究部に配属される。
    薄膜磁気ヘッドの開発に従事し、
    (1)薄膜磁気ヘッド用高性能磁性 材料膜の開発(2)薄膜磁気ヘッドの磁気回路設計(三次元動磁場解析(有限要素法)、マスク設計)(3)ウエハプロセスの設計 (4)加工プロセスの設計 (5)製品評価 に携わる。
  • その後、NEC関西 特許センターに移り
    (1)特許権の行使、他社侵害製品の発見、証拠収集
    (2)出願、中間処理、審判、異議申立 などをおこなう。
  • 1996年 弁理士登録(登録番号:10955)
  • 1998年 NEC本社 知的財産部 渉外部に勤務。
    特許権の行使、他社からの侵害警告対応、ライセンス交渉などに携わる。
    担当分野は主に無線通信関係で、伝送(SONET/SDH等)、交換(ATM等)、無線通信、MPEG(動画像符号化方式)、防衛庁関係、NASDA関係、ITS、カーエレクトロニクス、その他IT関連のエレクトロニクスデバイスなど。
  • 2000年 4月 工藤一郎国際特許事務所設立
  • 2004年 特定侵害訴訟代理業務試験合格(第一期合格)

工藤一郎国際特許事務所へのリンク:http://www.kudopatent.com/